• オリジナル人間分析学で人生を劇的改善!「悩み」を知らないあなたになる。
Pocket

おはようございます。
「人と愛をリボンで結ぶ」開運プランナー 仲野涼(さやか)です。
゚・*:.。..。.:*・゚
゚・*:.。..。.:*・゚
゚・*:.。..。.:*・゚

6月の開運情報

今日は6月の開運情報をお伝えします♪

 

6月は「水無月」と言います。

みなづき、みなつきと呼びます。

 

1年のうちで雨季にあたる6月を、

「水無月(水の無い月)」と記すのは、なぜでしょうか?

゚・*:.。..。.:*・゚
゚・*:.。..。.:*・゚
゚・*:.。..。.:*・゚

本来、「水無月」というのは旧暦の6月の意味で用いられていた言葉ですが、

いずれにしても、雨の多い季節であることに変わりはありません。

 

そこで、「水無月」の語源を調べてみますと、

諸説ある中の一つして、水無月の「無」は、

「無い」という意味ではなく、かつて使われていた、

連体助詞(名詞を修飾する文節を作る助詞)の「な」である、という解説があります。

 

つまり、この「な」は、現在の助詞の「の」に相当するもので、

水無月の意味としては、「水の月」ということになります。

 

これで文字通りの意味となり、納得がいきますよね。

゚・*:.。..。.:*・゚
゚・*:.。..。.:*・゚
゚・*:.。..。.:*・゚

お菓子の「水無月」

さて、「水無月」という和菓子があるのはご存じですか?

 

三角の形をした和菓子です。

ういろうに小豆をのせて固めた、羊羹のような観点のような雰囲気。

ういろうのモチモチとした食感と大粒の小豆をあわせています。

゚・*:.。..。.:*・゚
゚・*:.。..。.:*・゚
゚・*:.。..。.:*・゚

京都では6月も半ば頃になると、多くの和菓子屋さんで水無月が並び、

老舗の人気水無月は、完売するところも少なくはないといいます。

 

水無月は6月30日に食べる習慣があります。

 

この日には古くから「夏越の祓え」や「水無月の払い」などが行われていました。

その行事の一環として水無月は食べられるようになりました。

゚・*:.。..。.:*・゚
゚・*:.。..。.:*・゚
゚・*:.。..。.:*・゚

6月のイベント

【5日 芒種】

稲や麦など、穂の出る穀物の種をまく季節で、次第に梅雨めいてきます。

 

【10日 入梅】

梅の実が黄色く色づく頃で、この日を境に梅雨の季節に入ります。

 

【21日 父の日】

6月第三日曜日と言えば父の日!

贈り物で日頃の感謝を伝えましょう。

 

【21日 夏至】

夏至とは一年で、昼間が最も長く、夜が最も短い日です。

梅雨の盛りで長雨が降りしきる頃。

゚・*:.。..。.:*・゚
゚・*:.。..。.:*・゚
゚・*:.。..。.:*・゚

 

イベントの日付は毎年変動しますので注意です。

イベントが少ない6月ですが、

他に、6月11日に梅酒の日・6月16日には和菓子の日があります。

゚・*:.。..。.:*・゚
゚・*:.。..。.:*・゚
゚・*:.。..。.:*・゚

また、6月は才能に恵まれる時期なので、習い事を始めるのが吉。

30日には半年分の厄を落としましょう。

゚・*:.。..。.:*・゚
゚・*:.。..。.:*・゚
゚・*:.。..。.:*・゚
それでは、また明日もブログでお会いしましょう。
幸せな一日を♡

 

*10日間で『幸せ力』を高めるメールマガジン*

 

゚・*:.。..。.:*・゚ ☆.。.:*・゜゚.+°  ゚+.゚ ゚・*:.。..。.:*・゚ ☆.。.:*・゜

 

*幸せ人生♡応援講座menu*

【仲野涼プロフィール】 バラとリボンの可愛い雑貨屋Rosette ribbonオーナー
幸せ人生♡応援講座 講師
個性心理學は「たぬき」でニコニコ天然ボケ。
九星は「五黄土星」で責任感のある姉御肌。
共通点は☆愛情たっぷり・頑固・大器晩成☆

゚・*:.。..。.:*・゚
゚・*:.。..。.:*・゚
゚・*:.。..。.:*・゚

「自分に自信がない女性に、持っている魅力に気づいて欲しい。」
「幸せになりたい女性を応援したい」 その思いで活動しています。

゚・*:.。..。.:*・゚
゚・*:.。..。.:*・゚
゚・*:.。..。.:*・゚

私の使命は「あなたの魅力をあなたに伝え、
周りのみんなと幸せに楽しく仲良く過ごしてもらう」こと、
女性が笑顔で過ごす手伝いをすること、

を生涯の仕事として決めています。

゚・*:.。..。.:*・゚
゚・*:.。..。.:*・゚
゚・*:.。..。.:*・゚

現在、三重県鈴鹿市で雑貨屋Rosette ribbonを経営しながら、 講師として活動中。